Q & A ホームページ作成についてよくある質問にお答え!

皆様のお客様により「必要」or「特に必要無い」が決まります!


ホームページが「必要」な会社の5つの目安。

● 新規のお客様を取り組みたいか?
● 既存のお客様をリピート客にできているか?
● 新しい人材募集を行いたいか?
● 会社の認知度を高めたいか?
● ライバル他社との差別化を分かり易く紹介したいか?


ホームページが「特に必要無い」会社の5つの目安。

● 相手先の身元が絶対的に分から無い限りビジネスがする気がない。
● 既存のお客様がリピート客になっており、新規客が来るのを拒む。
● 人気店でいつも満席。 あえて宣伝をする必要が無い。
● 特殊な技術を活用している会社で、お客様を選定する必要がある。
● ホームページで宣伝しても売り上げには全く意味が無い。

★ ちょっとしたポイント

ホームページはスマートフォンやパソコン等のネット上にて、皆様の会社を安価(*1)で紹介できる最高の場所です。


今や多くの人がインターネットを利用して情報を収集しています。

そんな中で、ホームページを探して見つからなかった最悪場合ですが、
「ホームページも持てない企業」または、「コンプライアンス面(*2)からも企業情報も発信出来ない会社」と判断され、信用されるはずがありません。

ホームページは、インターネット上に存在する御社の『看板』であり『本社』であり『パンフやチラシ』でもあります。

使い方によって『自社製品を売る店舗』にもなりますし、お客様からのクレームを、スタッフではなくホームページを通して聴く『窓口』にもなり負担を和らげます。 
最高に変化自在の素晴らしい人財・営業ツールです。

《 脚注 》

(*1) 事務所を持つ際には、敷金礼金、看板・内装費用など数百万は必要です。
ホームページは、中小零細企業のホームページであればどんなに費用が掛かっても100万円以下です。

(*2) 「ゆとり世代」「ブラック企業」など人材募集の際に、これからはコンプライアンス面が最重要視されます。
 

すみません。 
絶対的なメリットがあるというのは言えません。
その代わりに5つの可能性をご紹介させて頂きます。


其の壱.
ネット上では、お客様の都合に合わせて訪問されます。 
それは、24時間365日休み無く、お問い合わせがある状況です。
ホームページは、24時間365日休み無く働く優秀な営業マンですので売り上げ向上につながるツールといえます。

其の弐.
経営理念、商品サービス、スタッフそして経営者の想いが掲載されているので会社の信用を構築します。

其の参.
お客様が求められる情報の提供を可能にし、問い合わせに対応(営業時間内にメールなどで返答)する事により顧客の疑問・不安を解消できます。

其の四.
ホームページは、「情報の変更可能ツール」プラス「売りたい商品をアピール」できるですので、広告費の圧倒的な削減に貢献できます。

其の五.
スマフォ所有が当たり前になる。 
これまでは、テレビ、新聞などの大手を通して、多額のコストがかかりましたが、これからは、フェイスブック、LINEなどを通し、そしてホームページを活かし、少額費用でライバル他社と同じ土俵に上がる事ができます。


会社の基本情報以外に特にひつようありません。
写真撮影、素材収集、キャッチコピー、コメント
インタビューなどは当社にて行いますので、ご安心ください。


ホームページ制作会社を選ぶポイントの事例として

① キチンと顔を合わせて信頼できるか! 

② あなたの会社の魅力を伝える企画力を伴っているか! 

③ 企業経験はあるか? 経営者や会社の悩みや現実を知っているか?

④ 制作後のサポート体制は、選べるか?

⑤ 支払う金額にしっかりと満足できるか!


① 顧問税理士や社労士を選択するように、ホームページ制作会社と信頼関係を構築すること。

② ホームページを作ることは、インターネット上に会社を設立する事です。
  会社全員ができるだけ、積極的にどのような会社をつくっていきたいか伝えること。

③ ライバル企業があなたの会社をネタ(キッカケに)にお客様に、引き立て役にならないホームページにすること。

④ ホームページを通して、実際に働く会社のスタッフの顔がお客様にみえていること。

⑤ 会社がなぜお客様に商品・サービスを提供し喜んで頂いているのかちゃんと伝えること。

御社内でどこまで作業が出来るかが重要となってきます。


各ページを作る上で必要となってくる「原稿」「写真」「イラスト」等の
素材をどこまでご用意頂けるか否かでも、見積もりに大きく差が生じます。

そして、大切なお客様目線に立って考えられるか?

本当に、クライアント様のことを考えているか?

など時間がかかる現実的な時間に対しての料金設定が正しいと思います。

皆さんはお客様としてどちらを選びますか?

A 50万円だけど納得のホームページ
・・・ インタビュー、想い、写真など時間を掛けて制作。

B 知り合いに作ってもらって0円のホームページ
・・・ 知り合いにお願いして制作。

※ 仮に50万円掛かったとします。 
 10年間そのホームページに付き合うとして
 10年運営とすると → 年間費用 5万円 = 月額費用 約4千円
 = 日額費用 約130円(ペットボトル代金)

経営者の判断として、現在の新しい可能性のある別世界(インターネット)市場で
会社の顔であるホームページにキチンとした投資をするのは正しい判断だとチョイスするのでは。

ホームページ運営は、営業面だけではなく、会社の認知力、ブランディング力向上に役たちます。 しかも365日24時間です!

すみません。 現時点では、お断りしております。


その理由としまして

① 私たちは、お客様の物語を作成させて頂いております。 
  その為、クライアント様とフェイスtoフェイス!
  顔を合わせての打ち合わせを重要視致しておりますので、それができない状況はお断りしております。

② 旅費など別途高額な金額が発生し、クライアント様の負担が大きい

③ 現在、消費者市場の変動は激しく敏速です。 
  それに対応する為にも沖縄本島に絞らさせて頂いております。

④ 私たち沖縄空感は、沖縄本島にて17年目になる企業です。 
  沖縄本島内での市場動向と常に向き合い事業を活動させて頂きました。
  ホームページの制作だけではなく、これまでの経験を活かしたご提案を私たちの強みにしていますので、県外市場は、すみません。 
  基本的にお断りさせて頂いていおります。
⑤ 唯一お受けするのは、沖縄に支店または沖縄へ最低3ヶ月に1回程度来沖されるクライアント様に限っております。
  キチンと顔を合わせてお話しできる事を最重要視させて頂いているからです。


税理士や社労士と契約をおこなう感覚で御社のホームページ担当として沖縄空感をご活用ください。
わざわざ誰かを雇う必要はありません。
常にスタッフが対応出来るように年間契約で、各企業様とお取り引きをいただいております。

お客様にとり大切な判断材料です!

何時でも、何処でもスマフォで情報収集する時代